読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ponkiti's blog

主に自分用、イベント参加メモや備忘録として利用

簡単にJavaScriptの基本をさらう

ドットインストールを参考に。

JavaScriptに関することはMDN(Mozilla Developer Network)を見るといいらしい。

<script></script>タグ

  • HTMLファイル内の<body></body>タグの間に記述する。

コメントアウト

  • // 一行のコメント
  • /* 複数行のコメント */

変数の宣言

  • var 変数名;
  • var 変数名 = "hello";
  • var 変数名1, 変数名2;
  • var 変数名1 = "hello", 変数名2 = "world";

コンソールにメッセージを出力

  • console.log("hello");
  • console.log(変数名);

文字列

  • 文字列はシングルクォーテーション、ダブルクォーテーションのどちらでもいい
  • シングルクォーテーションなどを文字として扱いたい場合はエスケープ文字「\」を使用する
    • \n:改行
    • \t:タブ
  • 文字列の連結は「+」:"a" + "b"

条件分岐

if (cnt > 10) {

} else if (cnt > 0) {

} else {

}

比較演算子

  • >、<
  • >=、<=
  • ===(==でもいいが、厳密に比較するには===を使うように)
  • !== (!=、厳密に比較するには!==)

真偽値

  • 文字列:空文字以外はTrue
  • 数値:0、NaN以外はTrue
  • object:null以外はTrue
  • undefined、nullはFalse

三項演算子

var a, b, c;
if () {
  a = b;
} else {
  a = c;
}

a = () ? b : c;
var max, x, y;

max = (x > y ) ? x : y;

条件分岐

switch () {
  case "":
    console.log("");
    break;
  default:
    console.log("");
    break;
}

ループ処理

var i = 0;

while (i < 10) {
  console.log(i);
  i++;
}
var i = 0;

do {
  console.log(i);
  i++;
} while (i < 10);
for (var i = 0; i < 10; i++) {
  console.log(i);
}

ループを抜ける

  • break:ループを抜ける
  • continue:ループを1回スキップする

ダイアログを表示

  • alert():ダイアログを表示
alert("hello!!");
  • confirm():「OK」「キャンセル」ボタンのついたダイアログを表示、返り値あり
var answer = confirm("~~~?");
console.log(answer);
if (confirm("~~~?")) {
    // 処理;
}
  • prompt():テキスト入力欄のあるダイアログを表示、返り値あり
var name = prompt("~~~?");
console.log(name);

// テキスト入力欄に初期値を設定可能
var name = prompt("~~~?", "初期値");