読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ponkiti's blog

主に自分用、イベント参加メモや備忘録として利用

Mac OS X MavericksにHomebrewをインストールする

自宅のMacBook Airクリーンインストールした(今年4回目)ので、まずはHomebrewからインストールする。Mountain Lion環境でインストールした時のメモはEvernoteに取ってあったのだけど、せっかくだからMavericks環境でのメモを残すことにする。

環境

JDKのインストール

JDKがインストールされているかを確認する。インストールされていない場合、No Java runtime present, requesting install.というメッセージが表示され、JDKのインストールを促すダイアログが表示される。

$ java -version
No Java runtime present, requesting install.

「詳しい情報」をクリックする。

f:id:pyoonn:20141006170840p:plain

下記ページが立ち上がる。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

f:id:pyoonn:20141006171209p:plain

「DOWNLOAD」をクリックし、「Java SE Development Kit 8 Downloads」ページに移動。

Java SE Development Kit 8 - Downloads

f:id:pyoonn:20141006174600p:plain

デフォルトだとDecline License Agreementが選択されているので、Acdept License Agreementを選択すると、DLできる状態になる。

f:id:pyoonn:20141006174645p:plain

jdk-8u20-macosx-x64.dmgをDLすると、JDKインストーラが起動する。

f:id:pyoonn:20141006171519p:plain

JDKインストール後、インストールされているかを確認しておく。

$ java -version
java version "1.8.0_20"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_20-b26)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.20-b23, mixed mode)

JDKのインストールが完了。

Command Line Toolsのインストール

Mountain LionとMavericksでは、Command Line Toolsのインストール方法が異なるようだが、今回はApp StoreからXcodeをインストールしただけで、特にCommand Line Toolsのインストールはしていない。

Command Line Toolsがインストールされているかを確認する。

$ gcc -v
Configured with: --prefix=/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr --with-gxx-include-dir=/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.9.sdk/usr/include/c++/4.2.1
Apple LLVM version 6.0 (clang-600.0.51) (based on LLVM 3.5svn)
Target: x86_64-apple-darwin13.4.0
Thread model: posix

Command Line Toolsはインストールされているらしい?

Homebrewのインストール

以前、Homebrewをインストールした時のメモを参考に下記スクリプトを実行したが、インストーラの場所が変わっているらしく、インストールできなかった。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go/install)"
==> This script will install:
Whoops, the Homebrew installer has moved! Please instead run:

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Also, please ask wherever you got this link from to update it to the above.
Thanks!

メッセージに代わりのスクリプトが出力されているので、それを実行する。Homebrewの公式サイトでもインストール先情報が更新されている。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/Library/...
/usr/local/share/man/man1/brew.1

Press RETURN to continue or any other key to abort
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir /usr/local

WARNING: Improper use of the sudo command could lead to data loss
or the deletion of important system files. Please double-check your
typing when using sudo. Type "man sudo" for more information.

To proceed, enter your password, or type Ctrl-C to abort.

Password:
(省略)
==> Installation successful!
==> Next steps
Run `brew doctor` before you install anything
Run `brew help` to get started

brewコマンドが使えるかを確認する。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

$ brew update
Already up-to-date.

$ brew -v
Homebrew 0.9.5

問題なくHomebrewのインストールが完了!

参考